2011.03.30

ようやく連絡!

ずっと連絡できないままだった仙台の友達から、今日無事を知らせる電話がありました!

彼女自身は携帯を持っていないし、パソコンも持っているかどうかわからないので、メールという方法が取れず。
そして、私の手元には電話番号を記したものがない。
やきもきしながら、彼女が私のことを思い出し、連絡しようと思ってくれるのを待つばかりでした。

その後、いろんな状況が伝わってきて、、どうも比較的被害の少ない地域らしいことがわかりました。
地震の揺れはひどかったけれど、津波は到達せず、建物の倒壊もあまり多くないとか。
そこで、思い切ってハガキを出すことにしました。
こちらの電話番号を書き、連絡ちょうだい!と。

それを見て、今日の夕方、電話がかかってきました。
声はとても元気そう。
食器が割れたりはしたけれど、家族はみな無事とのことでした。

よかった!

けれど、彼女の実家は津波で流され、両親は避難所暮らし。

ご主人の実家も津波で流され、両親と妹さんは現在火葬の順番待ち。
お姉さんと甥っ子さんはまだ消息が掴めていないそうです。

これが現実……。

何か必要なものはないかと聞くと、不足しているものは多いけれど仕方ないからねとの答え。
頑張ってねと簡単にいうこともできず、体に気を付けて、あまり無理しないでねと告げて、電話を切りました。

何もしなくてもいいよとはいっていたけれど、何か元気になれるものを送ってあげようと思います。

2011.03.21

漠然とした、この不安感

巨大地震発生から、10日以上が過ぎました。
まだまだ全容が計り知れない被害。
ニュースを見るたびに、胸が痛みます。

亡くなられた方々の冥福を祈るとともに、被害に遭われたすべての方々に心からお見舞い申し上げます。
そして、少しでも早く日常が戻ってくることを願います。

私自身は、地震のゆれをちょっとは感じたという程度です。
仕事も、今のところ影響はありません。
まったく普段どおりの生活をしています。
平日は仕事に行き、買い物をし、週末は恋人とドライブにいったりしています。

テレビを見て思うのは、こんな当たり前の生活というのは、思わぬことであっという間に失われてしまうものなんだな、ということ。
そこに、漠然とした、だけど強い不安を感じています。

今隣にいる大事な人も、あっという間にいなくなってしまうのかもしれない。
私がこの人から簡単に引き離されてしまうことも、あるのかもしれない。
むやみに怯えていてもしようがないけれど、胸中に巣食った不安感は、簡単には消えそうにありません。

きっと被災地の方々はもっともっと大きな不安を抱えていらっしゃることと思います。
その方々へ、私に何ができるのか。
それを真剣に考えながら、自分にできることを探したいと思います。

2011.03.14

言葉が出ません

11日に発生した巨大地震。
日に日に明らかになってゆく被害、しかしまだ全容は計り知れないという事態に言葉がありません。

被害に遭われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。
一日も早い救助と、復興を祈ります。

私は現在札幌在住ですが、10代後半を仙台で過ごしました。
その後引越しを繰り返したので、学生時代の友人とはほとんど交流が途絶えています。
手紙のやり取りをしている友人が、一人だけいます。
彼女は若林区在住。
実家は宮城野区で、海が近いと聞いています。

もちろん、連絡はありません。
彼女は携帯もパソコンも持っていないし、むやみに安否確認の電話をかけるのもためらわれているところです。
今は、ただ無事を祈るだけです。

2011.03.06

歩数計でわかったこと。

仕事に行っている日は、一万歩以上歩いている!
ということが判明♪
けっこう歩いているんですねぇ、私(^^)v

階段の昇り降りが占めるウェイトもけっこう多いはず。
そのわりには……ですが^^;
もうちょっと痩せてもよさそうなものです。

去年から比べて-3㎏をキープ。
特別食事制限をして体重を落としたわけではないので、リバウンドはしていません。
まあ、現状維持をよしとしましょうか。

分厚いコートを脱ぐまでに、もうちょっと落としたいところだけどなぁ……。