2011.03.21

漠然とした、この不安感

巨大地震発生から、10日以上が過ぎました。
まだまだ全容が計り知れない被害。
ニュースを見るたびに、胸が痛みます。

亡くなられた方々の冥福を祈るとともに、被害に遭われたすべての方々に心からお見舞い申し上げます。
そして、少しでも早く日常が戻ってくることを願います。

私自身は、地震のゆれをちょっとは感じたという程度です。
仕事も、今のところ影響はありません。
まったく普段どおりの生活をしています。
平日は仕事に行き、買い物をし、週末は恋人とドライブにいったりしています。

テレビを見て思うのは、こんな当たり前の生活というのは、思わぬことであっという間に失われてしまうものなんだな、ということ。
そこに、漠然とした、だけど強い不安を感じています。

今隣にいる大事な人も、あっという間にいなくなってしまうのかもしれない。
私がこの人から簡単に引き離されてしまうことも、あるのかもしれない。
むやみに怯えていてもしようがないけれど、胸中に巣食った不安感は、簡単には消えそうにありません。

きっと被災地の方々はもっともっと大きな不安を抱えていらっしゃることと思います。
その方々へ、私に何ができるのか。
それを真剣に考えながら、自分にできることを探したいと思います。

コメントをどうぞ。

トラックバック URI :