2011.11.17

映画観賞記「三銃士」

今日は、久々に映画館へ♪

最近、いろいろ考えることが多くって。
今付き合っている彼との結婚が具体的な話になってきて、それは嬉しいし幸せなのだけど、反面、不安だったり迷いも生じるんですよね。
本当にうまくやっていけるのかな~なんて考えたり。
仕事に関しても、いろいろ考えることが出てきて。
イヤなこと、とまではいかないけれど、ちょっともやもやした気持ちでいます。

気分を晴らすのに、映画でも行こう♪
「三銃士」観たかったんです(^^)

もともと、アレクサンドル・デュマの原作小説が大好き。
初めて読んだのは中学生か高校生だと思うのですが。
岩波文庫の古風な訳で読みました。
いささか背伸びですね(笑)
変色し、ぼろぼろになった文庫本は、今でも私の本棚に並んでいます。

原作に思い入れがあると、どうしたって映画化には不安を感じてしまうものですが^^;
今回は特にそういうこともなく。
まったく別物として楽しめました♪

登場人物のキャラクター設定は、わりと原作に忠実だったかなぁ。
そうそう、みんなこの感じ(^^)
ダルタニアンって、最初はヤなガキなんですよね(笑)

オーランド・ブルームが悪役を演じているということも話題でしたよね。
なかなか小気味よい悪党ぶりでした。
かっこよかったなぁ。
ロシュフォール伯爵の悪党ぶりも魅力的。
二人とも色気があって、本当にかっこよかった。

ストーリーは、原作をなぞりつつも、むちゃくちゃなアクション多すぎ(笑)
そのハチャメチャっぷりが楽しめました(^^)v
おもしろかった!

コメントをどうぞ。

トラックバック URI :