2012.03.08

親の心。

いよいよ、家を出る日が近づいてきました。

本日、荷物を新居に出しました。
本人はまだ実家にいますが(笑)

今日は荷物を出しただけ。
(家具・家電は搬入済み)
明日、荷解きにいきます。
夜は実家に戻ります。

彼は土曜日に荷物入れます。
私も行き、この日から二人での生活をはじめます。

婚姻届などなどは、来週提出予定です(*^_^*)

年明けからずっと、買い物やら何やらで外出続き。
母がよく付き合ってくれました。

そのときに、母が漏らした一言。

「お父さんが生きてたら、結婚許さなかったかもね」

十年以上前に他界した父。
生きてたら、何ていったかなぁと思うことはあります。

本音では、たぶん母もあまり賛成してはいないんでしょうね。

彼個人がどうこうというのではなく、持病を持つ娘を嫁に出すことが心配だったり、不安なのだろうと思います。

病気が分かってから、父も母も「結婚」「子供」ということを一切いわなくなりました。

「理解のないところに嫁に行って苦労するくらいなら、結婚なんかしなくていい」といわれたこともあります。

彼も、彼のご両親も、私の病気のことは分かってくれて、その上で「welcome」という姿勢でいてくれます。
親戚の方々は、まだどうかわからないですが。

「病気もあって、結婚はしないものだと思っていたから、娘には何も(家事を)させてこなかったんです」

これは、彼が挨拶に来たときに母がいったこと。

これが一番の心配事でしょうね^^;
私も心配だもん、ちゃんとできるのかって。
ちょこちょこやってたけれど、しょせん付け焼刃だしね^^;

コメントをどうぞ。

トラックバック URI :