2018.01.24

貧血……

中1のときに鉄欠乏性貧血の診断もらって以来、この病気と縁が切れたことがありません(T_T)

この時は、確かいきなり保健室に呼び出されたんですよね~。
普通は、要再検査の紙もらうだけだと思うんですけど。
私の場合、数値が低すぎたのでこの方法になったみたいです。
つまり、もっと前から貧血だったってことですねぇ。

息切れしやすかったのは確かですけど、それ以外には特に自覚症状もなく。
だから、そんなに大ごとだとは思ってませんでした。
母のほうが大げさに考えてまして^^;
貧血にはレバーだ!
ってことで、やたら食べさせられた記憶あります。
味付けレバーとか、燻製とか、あの手この手のレバー作戦。
でも、どれもおいしくなくて(>_<)
すっかりレバー嫌いになりました。

貧血だと、とりあえず鉄剤飲み続ければ数値は改善します。
半年ほど飲む→数値改善で鉄剤ストップ→半年もすると数値下がる→また鉄剤処方される
このパターンを繰り返して、現在に至ります。
貧血とのお付き合い歴、約30年。
人生で貧血ではなかった時期って……ほとんどないかも^^;

貧血だと疲れやすいでしょうとかいわれるんですけど、それがよくわからないんですよね~。
数値改善して、じゃあ体が楽になったかというと、正直その実感がないから。
立ちくらみが頻繁にあると、確かにしんどいなーと思いますけれど、一時的なことですからねぇ。
その一瞬を我慢すればどうってことはないわけで、たいしてしんどいとは思わない。

よって、だいぶ高をくくっている……とは思います^^;

この数年は、「貧血だけど、薬飲むほどではないですね」というレベルで、鉄剤免れてきました……が。
前回11月のヘモグロビンの数値が8.8g/dl(下限値11.5、上限値15.0)
このときは、「生理終わったばかりなんで~」と理由づけて鉄剤回避。
そんなに副作用とかあるわけではないんですが、よく飲み忘れるんで、あまり処方されたくない(笑)
今回は8.6で、「ずっと下がり続けてるし、さすがに見過ごせないですね」といわれてしまった^^;

自覚症状とか、しんどさとか、まったくないんだけどなー。
でも、さすがにここまで下がるとしようがないか。
諦めて、鉄剤もらってきました。

「一日二日忘れてもどうってことはないですけど、ちゃんと飲めばそれだけ早く薬止められますよ」
っていわれたけど、何か、性格見抜かれてるわ(笑)

すでに何回か、飲み忘れてます……^^;

コメントをどうぞ。

トラックバック URI :