2018.02.14

トシだなぁ(笑)

というと、怒られるかもしれませんけど^^;
40代後半、そこそこな「お年頃」であることは間違いないところです。

もともと持病持ちですし、何かと病気には敏感なところはあります。
その割に、病院行くの避けてたり、ずぼらだったりしますけど(笑)

連鎖反応のように、いろいろと出てきてます。

まずは、下肢静脈瘤。
数年前から、右膝の内側の血管に膨らみがあることに気づいてました。
下肢静脈瘤であることはわかってましたけど、とりあえず痛くもかゆくもないし、命に係わるようなものではないという知識もあったので、気にしないことにしてました(笑)
それが去年の11月末あたりに、「腫れて熱を持っている」「痣のようになっていて痛い」という状態になったので、諦めて病院へ。

下肢静脈瘤の診断が確定しました(>_<)
血栓ができてうっ血したために腫れて、痛みが出たとのことでした。

「手術は考えてもいいけど、オススメはしません」って、先生の言うこともあいまいだよねぇ^^;
とりあえず、弾圧タイツの着用を勧められました。

老眼とか、更年期とか、同世代の友人たちとのそんな話題も増えてきた今日この頃。

ふと目に留まった新聞記事がありました。

「女性の手の痛み 更年期症状かも」という記事です。
そんなこともあるんだなぁという程度に思いながら読んでいて、でもしっかりと頭に残っていたわけですが。

その数日後ですよ、左手薬指に痛みが出たのは。

正確には、「何となく痛いかな?」という程度の、ほんのりとした痛みはその前からありました。
いつからかは、はっきりとは覚えてないのですが。

激痛というわけではないが、でもはっきりと痛い。
見ると、関節のあたりが少し腫れている……変形もしてる?
強張るとか、しびれるとかはないけど……これってもしかして、記事で読んだ症状?
それとも、関節リウマチはじまった?

慌てて新聞記事を探し出して読んでみると、「更年期症状として手の痛みがあらわれることもある」「のぼせやほてり、イライラ、発汗といったメジャーな症状の出ない人にあらわれることが多い」とあるじゃないですか。

私、のぼせもほてりも発汗もまったくないんです^^;
生理周期が狂ってきたなぁというだけで、俗にいう更年期障害の症状は一切なし。

あら~、こっちにきちゃったかぁ~。

放っておいて変形してもいやなので、今回は早々に病院行くことにしました。
とりあえず、自宅近くの整形外科を受診。

にこにこしていて感じのいい先生でした。
レントゲンを撮ってみると、関節がすり減っているが、まだ変形は見られないとのこと。
リウマチではなく、病名としてはヘバーデン結節であるとのことでした。

処置としては、対処療法しかないそうです。
痛み止め、湿布、テーピング。
変形が進んでくればまた別ですが。
現段階では、指は動くし、痛みも特別強いわけではないので、様子見でいいでしょうとのことでした。
先生も同じ新聞記事は読んでいたそうですが、その件には特に触れず。
そのまま診察終了……。

結局、よくわからないまま^^;
あまり気にしないようにした方がいいのかな、という自己診断にたどり着いた次第です(笑)

コラーゲン飲む量、もう少し増やした方がいいのかな~。