2020.01.31

憧れ叶いました♡

突然ですが、万年筆が好きです♡

初めて万年筆というものを手にしたのは、中学生の時。
書写の授業で、使ったのが初めてでした。

それまで使ったことがなかったから、なんか大人になった気分でもあったし、何よりその書き心地に夢中♡
確か、700円くらいだったと思います。
黒、ブルーブラックとインク別に買いそろえて、ありとあらゆる書き物に使ってました。
書きつぶす勢いでしたね(笑)

段々、もっといいのがほしいな~という気持ちが芽生えたころ、きっかけは忘れましたが、親が買ってくれることになりました。
松戸の伊勢丹の文房具屋さんだったと思います。
プラチナの万年筆を買ってもらいました。
5000円くらいだったと思います。

母には、もっといいのを欲しがるかと思った、といわれましたが……。
でもすごく気に入って選んだペンなので、今でも愛用しています。
書き心地もいいですし。

旦那さんがプレゼントしてくれた、カジュアルな万年筆もあります。
一応、自分で選んだのですが……。

相手のお財布事情とか、いろいろ考慮した中で選んだので、正直なところ本当に気に入って選んだとはいいきれないんですよね^^;
実際に使ってみると、ペン軸の太さがあまり好きじゃなかったり、書き味があまり気に入らなかったりと、残念なところが多数。
デザインはかわいいので、大事にはしてますが、あまり使ってはいないです。

ペン字教室に通いはじめて、段々字に自信がついてきたところから、また万年筆がほしいという気持ちが強くなりました。
一昨年くらいから、いろいろ見て回ってました。

いや~、「すてき♡」と思うものはやっぱり値段もいい^^;
ペン一本に、さすがに5万も6万もは出せないなぁ。

いろいろ考えて、予算は3万円と設定。
出せても、最大で35000円までと決めました。
その中で、自分が気に入るものをゆっくり探そうと思いました。

今年になって、文房具屋さんを回る機会があり、大丸藤井で見つけたのがコレ!

ペリカンの万年筆です♡
ペン軸の美しさに一目ぼれしました!

手にした感じ、書き心地も満点。
何よりも、メタリックな色合いが本当にきれいなんです。

他のペンも試させてもらったけれど、やっぱりこれが一番。
一目ぼれを信じることにしました♡
金額も15000円以内と、十分に予算内で収まりました。
そうでなければ、さすがに衝動買いはできないかも^^;

吸入式の万年筆は初めてですが、やってみるとそれほど扱いは難しくないですね。
何より、気分がでる(笑)

今はなじませるためにも、せっせと使ってます。

2020.01.03

時の流れは……

あっという間^^;
日々いろんなことに追われている間に、繁忙期に突入し、気がつくと年も明けてました。

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は、まずまず平和に過ごせたと思います。
ただ体調に関してはいろいろ起きました。

5月に風邪をひいてから咳が止まらず、8月末になって諦めて呼吸器内科を受診。
(その前に一度、耳鼻咽喉科を受診してます)
アレルギーによる咳だという診断は、耳鼻咽喉科で受けていましたが、原因までは調べてくれなかったんです。
呼吸器内科で初めて、原因も調べましょうといってくれました。
アレルギー反応が相当高い数値で出てたみたいで、ぜんそくではないですねとのこと。
で、調べてほしいといわれたのが鼻でした。

え、鼻?(・・?
喉とか、肺とかじゃなくて?

???と思いつつ、CTを撮ってもらったところ……蓄膿症ということが判明しましたΣ(・ω・ノ)ノ!
膿が相当たまっているといわれ、それからずっと薬飲んでます。
咳はもうすっかりおさまっているのですが、時間かけて完全に治しましょうといわれてます。
これだけひどくなるには時間かかってるはずで、当然治すにも時間が必要ですといわれてしまった^^;

あとは甲状腺ですね。
去年11月の検査で、甲状腺機能低下の疑いを指摘されました。

え、低下ですか?

20年前にバセドー病をやって、でもすっかりよくなってまして。
薬止めてからも10年以上経ってます。
念のための検査は、年に1回ペースで受けてます。
なので、機能亢進の再発というのは常に頭にあったのですが。
低下か~~~。

驚きましたが、秋以降の体重の増え具合を思うと腑に落ちるな~という感じです。

まだ疑いというところで、具体的な治療とかはしてないのですが。
気をつけようったって、自分じゃどうしようもないしな~~~。

左手薬指のみだったヘバーデン結節が、他の指にも出てきたり、なんかやなことばっかりがあった2019年でした。

2020年はどうなりますやら。
平穏に過ごしていければいいなと思っております。