2018.03.06

少し楽になった気がする

あくまでも「気がする」だけですが^^;

先日、ヘバーデン結節の診断を受けた左手薬指。

まあ、たいしたレベルではないようです。
痛みはあるとはいえ、激痛には程遠いですし、日常ではほとんど無視できるもの。
関節も腫れてはいますが、「いわれてみれば……」という感じです。
まだまだ初期状態。
だからこそ、進行を少しでも遅らせたいのです。

とはいえ、医学の専門知識など持ち合わせてはおりません!
もう、ここはイメージだけで判断。

やっぱり関節にはコラーゲンでしょ!

長く飲み続けているエスワンエスコラーゲン。
何か、今はネットショップではGプラスというグルコサミン、コンドロイチン配合のものしか買えないみたいですけど^^;
メーカーのオンラインショップでは、定番のエスワンエスコラーゲンも買えます。

Gプラス。もちろん、これはこれでよいものです。

私が買ってるのはこっち。
便利な定期コースもあるので、こちらを利用してます。

ずっと、毎朝スプーン一杯のコラーゲンを摂り続けてきたのですが、もう少し増やした方がいいのかな?と思うようになってました。
肌とかは全く問題ないんですけど(^^)
無縁だった二枚爪が復活してしまったりもしてましたし。
年齢とともに、たぶん必要量が増えているんだろうなと思ってました。

今は、できるだけ一日に2回飲むようにしてます。
(絶対ではないです)
休みの日には、3回飲んでみたりもする。

気のせいかもしれませんが、回数増やしたことで、痛みが軽減してきたようなんです。

まあ、気のせいだとしても楽になれるのはいいことだ(笑)

更年期症状の一環だとして、大豆由来のサプリメントを処方してくれるところもあるようなんですが。
豆乳飲んでるし、おからも毎日食べてるし、納豆や豆腐など、なんやかんやで大豆食品は食べているからなー。
イソフラボンなんかは摂りすぎ注意なサプリだから、あまり飲みたくはない(-ω-;)

しばらくはせっせとコラーゲンの摂取に努めます!

2018.02.14

トシだなぁ(笑)

というと、怒られるかもしれませんけど^^;
40代後半、そこそこな「お年頃」であることは間違いないところです。

もともと持病持ちですし、何かと病気には敏感なところはあります。
その割に、病院行くの避けてたり、ずぼらだったりしますけど(笑)

連鎖反応のように、いろいろと出てきてます。

まずは、下肢静脈瘤。
数年前から、右膝の内側の血管に膨らみがあることに気づいてました。
下肢静脈瘤であることはわかってましたけど、とりあえず痛くもかゆくもないし、命に係わるようなものではないという知識もあったので、気にしないことにしてました(笑)
それが去年の11月末あたりに、「腫れて熱を持っている」「痣のようになっていて痛い」という状態になったので、諦めて病院へ。

下肢静脈瘤の診断が確定しました(>_<)
血栓ができてうっ血したために腫れて、痛みが出たとのことでした。

「手術は考えてもいいけど、オススメはしません」って、先生の言うこともあいまいだよねぇ^^;
とりあえず、弾圧タイツの着用を勧められました。

老眼とか、更年期とか、同世代の友人たちとのそんな話題も増えてきた今日この頃。

ふと目に留まった新聞記事がありました。

「女性の手の痛み 更年期症状かも」という記事です。
そんなこともあるんだなぁという程度に思いながら読んでいて、でもしっかりと頭に残っていたわけですが。

その数日後ですよ、左手薬指に痛みが出たのは。

正確には、「何となく痛いかな?」という程度の、ほんのりとした痛みはその前からありました。
いつからかは、はっきりとは覚えてないのですが。

激痛というわけではないが、でもはっきりと痛い。
見ると、関節のあたりが少し腫れている……変形もしてる?
強張るとか、しびれるとかはないけど……これってもしかして、記事で読んだ症状?
それとも、関節リウマチはじまった?

慌てて新聞記事を探し出して読んでみると、「更年期症状として手の痛みがあらわれることもある」「のぼせやほてり、イライラ、発汗といったメジャーな症状の出ない人にあらわれることが多い」とあるじゃないですか。

私、のぼせもほてりも発汗もまったくないんです^^;
生理周期が狂ってきたなぁというだけで、俗にいう更年期障害の症状は一切なし。

あら~、こっちにきちゃったかぁ~。

放っておいて変形してもいやなので、今回は早々に病院行くことにしました。
とりあえず、自宅近くの整形外科を受診。

にこにこしていて感じのいい先生でした。
レントゲンを撮ってみると、関節がすり減っているが、まだ変形は見られないとのこと。
リウマチではなく、病名としてはヘバーデン結節であるとのことでした。

処置としては、対処療法しかないそうです。
痛み止め、湿布、テーピング。
変形が進んでくればまた別ですが。
現段階では、指は動くし、痛みも特別強いわけではないので、様子見でいいでしょうとのことでした。
先生も同じ新聞記事は読んでいたそうですが、その件には特に触れず。
そのまま診察終了……。

結局、よくわからないまま^^;
あまり気にしないようにした方がいいのかな、という自己診断にたどり着いた次第です(笑)

コラーゲン飲む量、もう少し増やした方がいいのかな~。

2018.01.24

貧血……

中1のときに鉄欠乏性貧血の診断もらって以来、この病気と縁が切れたことがありません(T_T)

この時は、確かいきなり保健室に呼び出されたんですよね~。
普通は、要再検査の紙もらうだけだと思うんですけど。
私の場合、数値が低すぎたのでこの方法になったみたいです。
つまり、もっと前から貧血だったってことですねぇ。

息切れしやすかったのは確かですけど、それ以外には特に自覚症状もなく。
だから、そんなに大ごとだとは思ってませんでした。
母のほうが大げさに考えてまして^^;
貧血にはレバーだ!
ってことで、やたら食べさせられた記憶あります。
味付けレバーとか、燻製とか、あの手この手のレバー作戦。
でも、どれもおいしくなくて(>_<)
すっかりレバー嫌いになりました。

貧血だと、とりあえず鉄剤飲み続ければ数値は改善します。
半年ほど飲む→数値改善で鉄剤ストップ→半年もすると数値下がる→また鉄剤処方される
このパターンを繰り返して、現在に至ります。
貧血とのお付き合い歴、約30年。
人生で貧血ではなかった時期って……ほとんどないかも^^;

貧血だと疲れやすいでしょうとかいわれるんですけど、それがよくわからないんですよね~。
数値改善して、じゃあ体が楽になったかというと、正直その実感がないから。
立ちくらみが頻繁にあると、確かにしんどいなーと思いますけれど、一時的なことですからねぇ。
その一瞬を我慢すればどうってことはないわけで、たいしてしんどいとは思わない。

よって、だいぶ高をくくっている……とは思います^^;

この数年は、「貧血だけど、薬飲むほどではないですね」というレベルで、鉄剤免れてきました……が。
前回11月のヘモグロビンの数値が8.8g/dl(下限値11.5、上限値15.0)
このときは、「生理終わったばかりなんで~」と理由づけて鉄剤回避。
そんなに副作用とかあるわけではないんですが、よく飲み忘れるんで、あまり処方されたくない(笑)
今回は8.6で、「ずっと下がり続けてるし、さすがに見過ごせないですね」といわれてしまった^^;

自覚症状とか、しんどさとか、まったくないんだけどなー。
でも、さすがにここまで下がるとしようがないか。
諦めて、鉄剤もらってきました。

「一日二日忘れてもどうってことはないですけど、ちゃんと飲めばそれだけ早く薬止められますよ」
っていわれたけど、何か、性格見抜かれてるわ(笑)

すでに何回か、飲み忘れてます……^^;

2016.01.22

低血糖(>_<)

以前からすると少し回数は減ったかもですが、相変わらず低血糖起こしてます。

傾向としては、「食二時間後」くらいが多いみたい。
昼食後が一番多くて、夕食後にもたまになります。

夕食後ならば、基本的には自宅にいますから、いくらでも対処できますけれど、問題は昼食後。
ほぼ仕事中に起きます(>_<)
まあ、気づけるのでいいんですが。
制服のポケットにブドウ糖は欠かせません……。

低血糖症状はいろいろありますけれど、私の場合は口元の痺れというのが一番多い。
あと、しゃべりたいことをうまく伝えられなくなります。
ろれつがまわらないとかではないので、他人にはわかりづらいみたいなんですけれど。
自分ではけっこうしどろもどろになっているのがわかってます。
それと、異常な眠気を感じたり、マレにものが二重に見えたりします。

昨日は「異常な眠気」と「二重に見える」の両方が起きてしまいました(>_<)

昼休憩中から、なんとなく兆候はあったんですよね。
けど、お弁当食べ終えた後だったから(食事量、インスリン量はいつもと変わりません)、対処法は取りにくい。
この後血糖値は上がってくるはずだから。

なのに……です(T_T)

そんなに「眠いzzz……」とは感じていないはずなのに、がくっとなってしまう。
立ち仕事だというのに^^;
そして、目の前を行きかう人が二重に見える。
慌ててブドウ糖を口に入れましたけど、回復までしばらくかかりました……。

その前には、ブドウ糖でも回復しなかったことがあり(>_<)
同僚に訳話して、ちょっと休憩室へ。
そこでジュース飲んで、少し休ませてもらい、どうにか戻れました。

即効型のインスリンを少し減らしたほうがいいのかなぁ……。
でも食前血糖値が下がってないことも多くて、減らすのも怖いのです。
どうすればいいものやら……。

とりあえず、ブドウ糖はいつもより多めに持ち歩いた方がよさそうです(-_-;)

2015.12.31

やってもた_| ̄|○

忙しいクリスマスを終えて、ほっと一息……がまずかったのか(>_<)

25日、普通に遅番を終えて、売れ残ったクリスマスケーキをもらって(笑)、ほくほくと帰った翌日のこと。
仕事は休みで、夜に一日遅いクリスマスディナーへ出かける予定だったのですが……。

腰痛抱えている旦那さん、午前中に整骨院へ。
のほほんと起き出した私。

なんか、だるいかな?
試しに熱を測ってみると、37.2度。
ふむ……(゜.゜)

とりあえず、今日の外出はやめて、おとなしくしていよう。
ちょっと疲れが出てるだけで、どうせたいしたことないし♪

なんて気楽に構えていたのですが。 夕方、だるさが増してきてもう一度熱を測ると、38度超え。
あ、こりゃまずい^^;

家事丸投げして、さっさと寝ることに。
風邪のときは、とにかく寝るに限る!というわけで。

翌日は早番の予定だったため、とりあえず店長に風邪ひいたとメール。

すると返事は……
「今日荷物が入らなかったため、明日は2日分の荷物が入るから、Kさんも早番にした。発送が多いから、遅番も早めに出てくる。どうしても出勤できないようなら、朝メールくれ」

何が何でも来い!という無言の圧力……と受け取れましたが(笑)
そんなもんで熱が下がるわけはなく、朝になっても38.5度のまま。
欠勤決定_| ̄|○

一日安静に過ごし、翌27日はもともと休みだったため、いくらなんでも28日には出勤できると思っていたのですが……。
全然熱が下がらない!
37.5~38.5度の間を行ったり来たり。
鼻づまり、喉の痛みと咳といった症状はあるけれど、他には取り立てて何もなく。
ただただ熱がしんどい(>_<)
ただの風邪にしてはあまりにもしつこいので、諦めて病院へ行ったのが29日。

インフルエンザとの診断でしたΣ(゚д゚lll)ガーン

まさかの人生初インフル、しかもこの時期に!!
うちの店が一番忙しい時期、しかも一番人手がない今年!
店長、メール見てスマフォ取り落としたんじゃないかしら(笑)

前回のブログに書いた通り、Mは29~3日まで来ません。
派遣のKさんも、実家に帰るそうで、31~3日まで休みます。
店長、私をフルに使い、土日のみ来るHさんの手を借りてしのぐつもりだったはず。
いや~~~、申し訳ないm(__)m
しかし、一週間は出勤停止です。

友人からのメールでは、Hさんが私の代わりにフル稼働な模様。
もっとも、Hさんは8年もうちで働いてた大ベテランだし、店長とも仲良しコンビ。
ある意味一番スムーズに回る組み合わせなので、逆に良かったのかも( *´艸`)